感謝の気持ち

基本的には病院にお世話になったからと言って医師や看護師に何か差し入れをするのは禁じているところが多いです。特に公立病院では
患者やその家族からの差し入れを受け取ることは固く禁じられています。医療ドラマなどでは手術前に医師にほんの気持ちと称して封筒に現金だったり金券などを渡す場面が見られますが、そういったことは現在ではなくなってきていると言っていいでしょう。
一昔前には私立病院を筆頭にそういったことがあったようですが、医師や看護師はそういったものをもらうもらわないにかぎらずどの患者に対しても誠心誠意対応することが仕事です。ですのでこうしたものは必要ありません。しかしお世話になった患者やその家族としてはそうしたものは渡した方がいいのかというのは迷うところでもあると思います。ですが渡すとかえってトラブルになったり、受け取った医師や看護師が注意されることもあるのでなにもしないのが得策です。
手術後どうしても感謝の念を伝えたい場合は書面でお礼のお手紙を書いたり、医師や看護師といってもその現場のリーダー的存在の方にお菓子の詰め合わせなどみんなでつまめるようなものを渡してみるといいかもしれません。手紙ならば確実に受け取ってくれますが、お菓子は新人などにわたってしまうとその人が怒られるので現場の責任者に渡せばみんなで分けてくれるかもしれません。ただ、やはり感謝の念を伝えるのはものだけではないと思うので、個人的には手紙をしたためて渡すのが一番いい気がします。